読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「STONER 」ジョン・ウィリアムズ

ストーナー 海外小説に手を出したい気分だったので、やたら評判のいいSTONERを読んだ。 序盤で感じたのは、文章の美しさ。 比喩表現で冗長に飾るのではなく、テンポよく美しく世界が描画されている。特に、ストーナーがシェイクスピアによって世界を知覚する…

「東京會舘とわたし」辻村深月

東京會舘とわたし(上)旧館 東京會舘とわたし(下)新館 久しぶりに辻村深月を読んだ。 「ツナグ」とか「スロウハイツの神様」の時にも思ったけれど、辻村深月は思い入れを書くのがうまい。 いい方向に走った場合を思い入れといい、悪い方向に出た場合が執着に…